1、 温湿度計をセットアップしてHub Plus/Miniとペアリングします。温湿度計の設定から、「クラウドサービス」を有効にしたことを再確認します。

関連記事:SwitchBot温湿度計のセットアップ方法ini

2、IFTTTアプリを開いて、「Get more」→「Create your own」→「THIS(トリガー)」を順番にタップします。

mceclip0.png

3、「SwitchBot」を入力して検索し、「温度・湿度の変化」をタップしてからSwitchBotアカウント情報を入れてください。

4、ご要望するトリガーの温度・湿度条件を入力します。

 

5、THAT(アクション)を選択して、実行したいデバイスをタップします。

これで、温湿度計はIFTTTとの連携は完了します。

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。