更新日:2024/06/03

  • 適用製品:ロック、ハブミニ、もしくはハブ2
  • SwitchBot Appバージョン:8.4以降

1. SwitchBot Appバージョンが最新であることを確認します。

2. ロックとハブ製品はSwitchBotアプリに追加され、ファームウェアバージョンが最新であることをご確認ください。

3. ロックのクラウドサービスを有効にします。

  • SwitchBotアプリを起動し、ログインします。
  • 該当ロックをタップします。
  • 右上にある歯車マークをタップします。
  • 設定画面にある「クラウドサービス」をタップします。
  • クラウドサービをオンにしてアカウントにあるハブ製品に接続します。

Cloudservice_Lock.gif

4.SwitchBotアプリとIFTTTアプリを連携します。

IFTTT_LINK.gif

5.IFTTTアプリではロックの状態変化を条件としてほかのサービスをトリガーすることが可能です。必要でしたら、IFTTTアプリ→作成する→If this 追加するをタップしてロック状態変化を設定してください。

設定可能なロック状態変化は施錠済み、解錠済み、ドアが開けられた、ドアが閉められたです。

IFTTT__LOCK.gif

6.ご不明な点がございましたら、SwitchBotアプリにログイン→プロフィール→ヘルプとフィードバック→フィードバックまでご連絡ください。

ハブ製品:ハブミニ/ハブ2/シーリングライト/シーリングライトプロ

コメント

2件のコメント

  • tal0032_jp

    この記事では、「ロックが開錠された」等がトリガーでその後にアクションを追加、
    例えば、「部屋の電気を点ける」ですが・・・

    ロック自体をアクションにする事が出来ないので不便です。

    2
  • mr.kekeke

    スケジュールで解錠/施錠を行える様、アクションにロックが指定できるようにして頂きたいです。

    またその様な予定は現状ありますか?

    0

サインインしてコメントを残してください。