すべてのSwitchBot温湿度計は、出品前に品質と「製品同一性」の検証を行い、そして、業界で最も精度が高いスイス製センサーを搭載し、4秒ごとに測定値を更新し、より正確な温湿度測定を得られます。

また、SwitchBotアプリの上「校正」機能によってさらに精確に校正できますし、専門知識を持っていない方にあまりにお勧めしませんが、どうしても利用したい場合、以下の内容をご参照ください。

校正するには、まず、温度や湿度に対する正確な参照物が必要となります。各値は個別に調整され、必要に応じて、一つ、二つ、またはどちらも調整しないことにします。温湿度計本体の精度については、SwitchBot温湿度計取扱説明書に記載されています。

アプリ上の「校正」機能は、小さな変動(通常、最大数度または相対湿度約5%)を補正することのみを目的としています。調整中にそれよりも大きな不一致が見られる場合、恐らく製品初期不良なのか、または操作中の誤りなのか、という可能性がございますから、お手数ですが、SwitchBotアプリの中メニューからフィードバックより問題報告してください。そちらからサポート担当が対応いたしますので、ぜひご協力宜しくお願い致します。

mceclip0.png

  • 参考デバイス

非常に精確的そして信頼できる他社の温度計または湿度計がある場合、それを参照として使用できます。安定した環境でSwitchBot温湿度計の隣において、少なくとも30分間以上お互いに順応させ、測定値を更新したことを確認します。アプリのホームページから温湿度計の右上側の歯車をタップして「校正」に入り、校正欄の数値を調整して参照デバイスと一致します。

  • 温度校正

参照デバイスがない場合でも、温湿度計を調整できます。氷水は素晴らしい温度基準となります。氷と水の良い均一な混合物で、氷水を入れて混ぜてください。

SwitchBot温湿度計をジップトップで密封しながら、しっかりとかき混ぜてください。保存袋からできるだけ空気を除去してください。 SwitchBot温湿度計を氷水混合液に入れます。完全に密閉されない場合に備えて、ジップトップは水に浸さないようにしてください。

数値をより精確的に読み取るために、少なくとも30分以上温湿度計を置くと、更新された数値が正確に0.0°Cになるように調整欄の数値を調整します。

操作上の注意:

1、テストを実行するとき、ジップトップからできるだけ多くの空気を除去するようにしてください。

2、温湿度計本体のLED画面が水の中に入れてください。

3、プラスチックの本体ケース、バッテリーなど、バランスを維持するために、温湿度計をできる限り水没させるようにします。

  • 湿度校正

「飽和塩法」はとても人気がありますが、インターネットで紹介文章など検索して簡単に見つけられます。それは、非常にうまく機能しますが、必ず書いた内容通りに正確に実行しなければなりません。

不正確な基準への校正は、校正をまったく行わないよりも悪い場合があるため、アマゾンで安く入手できるBovedaワンステップ湿度計キャリブレーションキットをお勧めします。

ジップトップを開けて、SwitchBot温湿度計を入れて密閉し、室温で温度変化の少ない場所に置きます。 少なくとも24〜36時間そのままにして、更新された読み取り値があることを確認してから、アプリから調整欄の数値を調整して、正確に75.0%の湿度を読み取ります。 キャリブレーションキットを密封しておくと、最初のテストから少なくとも3か月間は何度でも使用できます。

 

※フィードバック内では、画面録画機能もあります。利用中に何かご不明な点があれば、是非ご利用ください。

【プロフィール】→【フィードバック】→【バグを報告する】→【携帯画面ビデオを録画】→【カメラマーク】→【赤い停止ボタン】

feedback_record.gif

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。