SwitchBot温湿度計が本体のみ使用する時及びハブと併用する時のできることは下記の図表をご覧ください。

1、 温湿度計本体のみ

温湿度計本体そのままに使用することができます。置いた場所の現在温度や湿度が一目で確認できます。

 

2、 温湿度計とSwitchBotアプリ

SwitchBotアプリを利用すれば、最新の過去36日間の履歴データの読取り(Bluetooth経由)、アラート設定、温湿度計の校正などの可能性が広がり、さらに楽しむことができます。

 

3、温湿度計、SwitchBotアプリとSwitchBotハブプラス/ハブミニ

温湿度計を遠隔操作したい場合、SwitchBotハブプラス/ハブミニ と組み合わせて使用​​する必要があります。ハブシリーズデバイスと併用すれば、Wi-Fi経由でデータが常に自動的にアップロードされ、いつでもどこでも素早くデータを読み取ることができます。

また、Alexa、Google Assistant、IFTTTなどと連携して、音声コントロールでより一層便利になります。

 アプリの「シーン」機能を活用し、温度・湿度に応じてエアコンや除湿機などのデバイスが自動的にオン・オフしてもらうこともできます。

下記をご参照ください。

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。