更新日:2023/02/15

  • 適用製品:温湿度計、温湿度計プラス

1.温湿度計/温湿度計プラスの電池は単4形アルカリ乾電池 2本(Panasonic推奨)で、通常の場合1年間使用できます。温湿度計/温湿度計プラスは仕様では-20℃まで測定可能ですが、極端な環境でのご使用は温湿度計自体の寿命が縮む上、温湿度精度が多少落ちます。-10°C~60°Cでのご利用をお勧めいたします。また、気温とデータの読み込み頻度によって、寿命が短くなる場合があります。

2.電池交換の際に、本体裏面下部分の蓋を開けて、使用済みの電池を取り出し、(+)(-)の向きを間違わないように新しい電池を入れてください。

3.ニッケル水素充電池のご利用は可能ですが、電圧出力2.2V~3.6Vであることをご確認ください。

4.一般的に周囲温度は5度~45度での電池のご使用をお勧めいたします。温度が規格のより低いと電池が正常に放電しないことがあります。一方、高温でお使いの場合、電池が劣化しやすくて液漏れの恐れがございます。いずれにしても、温湿度計/温湿度計プラス本体に悪い影響を及ぼしますので、ご遠慮ください。

※ご注意:

長時間使用しない場合、電池を取り外して保管してください。

電池交換をされた場合、ご利用の電池の取り扱いはメーカーまでご確認ください。

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。