更新日:2024/01/05

  • SwitchBot Appバージョン:7.10以降

1.ジオフェンスとは仮想的な境界線で囲まれた任意のエリアのことで、ジオフェンス機能(ベータ版)はGPSによる位置情報を利用し、設定したジオフェンスへの出入りを判断するシステムです。

2.SwitchBotアプリでジオフェンス機能を到着(ベータ版)と出発(ベータ版)に分けております。

3.到着(ベータ版)と出発(ベータ版)はオートメーションの条件/前提条件として設定可能です。設定時に半径の長さを200メートル(0.2KM)以上にするのをお勧めいたします。

関連投稿:オートメーションの作成方法

4.ジオフェンス機能を活用するオートメーションを案内いたします。

オートメーション1
名称:ただいま
いつ:家に到着
実行:エアコン暖房でオン+ライトオン

オートメーション2
名称:いってきます
いつ:家を出た時に
実行:エアコンオフ+ライトオフ

オートメーション3
名称:テレビオン
いつ:土日8時
かつ:自宅にいる
実行:テレビオン

オートメーション4
名称:カーテン全閉
いつ:日の入り
かつ:自宅にいない
実行:カーテン3全閉

5.到着(ベータ版)と出発(ベータ版)で設定されたオートメーションのトリガーには設定を行ったスマートフォンの移動(圏内→圏外/圏外→圏内)が必要です。複数のスマートフォンを使用する場合、オートメーションを作成したスマートフォンの移動でのみトリガー可能で、他のスマートフォンではトリガー不可です。必要でしたら、対象スマートフォンで再度オートメーションを編集すれば、トリガー可能となります。

6.ジオフェンス機能を利用するにはスマートフォンの位置情報へのアクセスが常に許可する必要があります(スマートフォンのバッテリーが速く消耗してしまう可能性あり)。またスマートフォン→設定アプリ→Wi-Fiが常にオンであることをご確認ください。

7.ホーム参加者の移動で到着(ベータ版)と出発(ベータ版)で設定されたオートメーションはトリガーしません。ホーム所有者の移動のみが対象となります。

8.現時点ではジオフェンス機能はベータ版として体験可能とのことですが、一方、作動が不安定な場合があります。ご了承お願いいたします。

9.ご不明な点がございましたら、SwitchBotアプリにログイン→プロフィール→ヘルプとフィードバック→フィードバックまでご連絡ください。

 

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。