SwitchBot キーパッドのパスコードには、常に有効なパスコード、期間内に有効なパスコード、一回のみパスコード、および緊急パスコードの 4 種類があります。(その中、緊急パスコード10個、ほかの種類のパスコードを合わせて90個で、トータル100個設定可能)

 

常に有効なパスコード: 常に有効なパスコードです。他のを設定する前に、最初に永続的なパスコードを設定する必要があります。

 

期間内に有効なパスコード: 一定期間のみ設定できるパスコードです。最大5年間は、使用するために設定することができます。

 

一回のみパスコード: これは一度だけ有効なパスコードです。最大24時間と最小1時間を設定して使用することができます。

 

緊急パスコード: 緊急パスコードを使用してドアのロックを解錠すると、このアクションが記録され、関連する通知が電子メールに送信されます。(受信には弊社のハブミニ/ハブ2/シーリングライトシリーズとの併用が必須です)

※緊急パスコード及びアラートメール追加の設定方法

__________.png

※手順6でアラートメールの追加をスキップしても後での追加も可能です。詳しくは下図をご参照ください。

______.jpg

 

仮想パスワード:内蔵機能で、設定する必要がございません。20桁以内の数字であれば正しいパスコードの前後にお好きな数字をランダムに入れても、正しいパスコードさえ正確に入力頂いていれば解錠可能です。
例を挙げて説明させていただきます。
設定パスコード 123456
例1 5846758(123456)
例2 (123456)849761
例3 8639(123456)247
上記例のように設定パスコード123456を連続して入力していただけると解錠は可能です。

解錠できない仮想パスワード例(下20桁に設定パスワード123456が入っていないため)

  • 123456 x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x 
  • x x x x x 123456 x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x x 

 

 

 

 

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。