SwitchBotロックの自動施錠機能は、

①ドアが閉まった際に、設定時間で自動施錠される

②ドアが解錠状態で開いており、設定時間で自動施錠される

という2種類のオートロックが実現可能です。この記事では自動施錠機能の設定方法を説明します。

自動施錠機能を設定する前の準備

アプリバージョン:v6.1以上

スマートロックのファームウェアバージョン:v4.2以上

※出荷時のデフォルト設定にはこの機能がオフになっています。閉め出されることを防止するために、自動施錠機能をテストする際に、室内でロックの近くに行ってください。

①ドアが閉まった際に、設定時間で自動施錠される

ドアを閉めてロックの本体が磁石を感知したら、設定時間で自動施錠されます。

アプリの操作手順:ロック>右上の「⚙」>自動施錠>自動施錠を有効にします。

下の「遅延施錠」で施錠時間が設定できます。

 

mceclip0.jpg

参照動画:

____.gif

②ドアが開いており、設定時間で自動施錠される

同じ画面の下に「解錠後自動施錠」を有効にして施錠時間を設定してください。

mceclip1.jpg

参照動画:

_______.gif

 

 

 

 

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。