更新日:2024/02/05

  • 適用製品:ロックPro

1.低電力でモーターを駆動することができなく、ロックProが引っかかり、微電流解錠が作動し、緊急で30秒間で鍵を開けることが可能です。電池交換をしないまま電池切れになってしまった時の最終手段です。低電力通知を受け取ったらなるべく速やかに、電池交換を行うようにしてください。

2.バッテリー残量は十分にあるにもかかわらず、不適切な設置などの原因で、ロックProが回転力不足で引っかかった時、微電流解錠が機能し、SwitchBotアプリでは「非常用電力で作動中」の表示が出ます。微電流解錠は最大5回まで機能し、5回目で解錠に成功しましたら、電池残量が自動的に20%になり、SwitchBotアプリではロックProの回転力で対応できない玄関錠のアラートが出ます。

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。