更新日:2024/01/05

  • 適用製品:ロックPro
  • SwitchBot Appバージョン:7.10以降

1.SwitchBotアプリは最新バージョンであることをご確認ください。

2.ロックProをSwitchBotアプリに入れる時に、ロックProの校正(施錠・解錠位置の記録)が要求されます。また、再校正(施錠・解錠位置を再記録)が必要な場合、下記の順番で行うようお願いいたします。

  • ドアを閉め、手動でロックPro本体のサムターンを回し施錠し、SwitchBotAppで「次へ」をタップします。
  • ドアが閉まったままで、手動でロックPro本体のサムターンを回し解錠し、SwitchBotAppで「次へ」をタップします。
  • ドアを開け、手動でロックPro本体のサムターンを回し施錠し、握りこぶし一つ分の距離(10cm)をおいてまでドアを閉め、SwitchBotAppで「次へ」をタップします。
  • 解錠テスト
  • 施錠テスト
  • 校正完了

3.ご不明な点がございましたら、SwitchBotアプリにログイン→プロフィール→ヘルプとフィードバック→フィードバックまでご連絡ください。

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。